2024年の日本ハチ界

2024年に日本から記載されたハチは0
日本から新たに記録されたハチは1(最終更新時現在)

2024年に日本のファウナに加わった面々(+それらの論文で記録された種+分類学系の雑誌にて記録された種)を書き並べています.文献を読めずとも確認できるよう,なるべく都道府県単位と主要な島嶼部は島単位で書いているつもりです.
あくまで新たな標本を基に記録された地域があるかどうかのチェックなので既知種のタイプ標本のみを検討したものは極力除いていますが,除き損ねているかもしれません.

  • *がついているのは日本新記録
  • *がついているのは新種
  • 赤字は模式産地



Höcherl, A., Shaw, M.R., Boudreault, C., Rabl, D., Haszprunar, G., Raupach, M.J., Schmidt, S., Baranov, V. & Fernández-Triana, J. (2024) Scratching the tip of the iceberg: integrative taxonomy reveals 30 new species records of Microgastrinae (Braconidae) parasitoid wasps for Germany, including new Holarctic distributions. ZooKeys, 1188: 305–386.

Glyptapanteles indiensis (Marsh, 1979)*
本州(愛知県)

Triapitsyn, S.V., Yasuhara, Y., Adachi-Hagimori, T. & Tsukada, M. (2024) Fairyfly egg parasitoids (Hymenoptera: Mymaridae) of the invasive lace bug Corythucha marmorata (Uhler) (Hemiptera: Tingidae) in Japan. Journal of Asia-Pacific Entomology, 27: 102201.

Anagrus virginiae Triapitsyn & Puttler, 2006
本州(山梨県,三重県),九州(宮崎県)


科別新種記載種数

新種記載されたハチの模式産地と数